#573 十津川警部 日本周遊殺人事件〈世界遺産編〉

内容紹介

青森県不老不死温泉、波打ち際の露天風呂で女性の変死体が発見された。 前夜、その女性に誘われ、露天風呂で戯れていた警視庁刑事・酒井が重要参考人として連行されたのだ。 酒井は休暇を取り、趣味の温泉めぐりと五能線の旅を楽しんでいたという。 弘前署から連絡を受けた十津川警部は弘前に飛ぶが・・・・・・!? (「死体は潮風に吹かれて」)他、世界遺産の地を駆ける十津川警部と亀井刑事の活躍を描いたオリジナル作品集。

収録リスト

  • 短編:死体は潮風に吹かれて(『小説宝石』1990年新春特大号)
  • 短編:死を運ぶ特急「谷川5号」(『小説新潮』1983年10月号)
  • 短編:偽りの季節 伊豆長岡温泉(『オール讀物』1995年11月号)
  • 短編:死を呼ぶ身延線(『小説現代』1990年3月号)
  • 短編:雪の石堀小路に死ぬ(『週刊小説』1999年2月19日号・3月5日号)

刊行リスト

  • 2016年07月:徳間書店、トクマ・ノベルズ

小説を買う