#495 篠ノ井線・姨捨駅 スイッチバックで殺せ

篠ノ井線・姨捨駅 スイッチバックで殺せ

内容紹介

東京・新宿で走行中のバスが爆破された。 たまたま乗り合せ、軽いけがをおった作家志望の北村悟は、刑事から現金五百万円と長野県の資料を渡される。 人気作家・田中公正の秘書で、事故で死亡した諸星恵から、田中の代わりに小説を書いてほしいと託されたというのだ。 同じ犠牲者の中に、田中の担当で喜多村という編集者がいることがわかり、人違いと知りつつ長野に向かった北村は、姨捨駅で木之内美紀と名のる女性と出会う。 宿泊先の旅館で元華族令嬢の十条寺華子殺害事件を知らされた北村だったが……。 長篇最新作!

収録リスト

  • 長編:篠ノ井線・姨捨駅 スイッチバックで殺せ(『問題小説』2011年4月号~10月号)
  • ※初出時タイトル『スイッチバックで殺せ』

刊行リスト

  • 2011年12月:徳間書店、トクマ・ノベルズ
  • 2013年07月:徳間書店、徳間文庫

小説を買う

前後リスト