#607 ストーブ列車殺人事件

ストーブ列車殺人事件

内容紹介

同人雑誌「北風」の世話人で、F賞を受賞し有望新人と注目されていた菊池順二が、太宰治の生地の雪原で自殺した。 井上昭は一年後、菊池のたどったルートの旅に出た。 そこで、同人たちで立てた墓標に死にまつわる文字を発見した。 菊池の死の謎を解くには自ら手記を書くことと考え「北風」に掲載した。 それに応える形で同人たちもそれぞれの思いを綴った手記を発表したが……。 その頃、F賞の予選選考委員である文芸評論家の岡本裕三が殺害された。 捜査に乗り出した十津川警部は……。

収録リスト

  • 長編:ストーブ列車殺人事件(『小説推理』2017年8月号~2018年2月号)

刊行リスト

  • 2018年05月:双葉社、フタバ・ノベルス

小説を買う

前後リスト