#609 十津川警部 海の見える駅 愛ある伊予灘線

十津川警部 海の見える駅 愛ある伊予灘線

内容紹介

「海の見える駅」―― それは、四国の瀬戸内沿いを走る予讃線伊予市駅から海回りを行く支線「愛ある伊予灘線」の下灘駅という無人駅のことである。 ホームの中央に置かれたベンチに座れば、目の前に伊予灘の美しい海原が広がる。 まるで海に溶け込んでしまいそうな小駅だが、日暮れ時ともなれば海面の向こうに夕日が浮かび、この世のものとは思えぬような絶景が生まれる。 幾たびか「青春18きっぷ」のポスターにもなり、鉄道ファンのみならず、国の内外からこの駅を訪れる旅人は引きも切らない。 この駅にやって来て夕景を写真に収めていた小菅信一郎が、自宅から遺体で発見された。 息子の明は、自宅で発見されたカメラの状況と被写体から父親の突然の失踪とその死に疑念を抱く。 旅といえば温泉遊び、カメラの趣味などとはこれまで父親は無縁だった。 ここで父親と出会ったという平川彩乃の協力を得て謎に迫ろうとするが、核心がみえない。 信一郎は、夜の海上で輝く宝石のようなものを撮影していた。 十津川は、小菅信一郎殺害の容疑者に迫っていくが、容疑者は不敵にも十津川の捜査ミスを誘ってくる。 事件の裏にはとんでもない策謀が隠されていた。

収録リスト

  • 長編:十津川警部 海の見える駅 愛ある伊予灘線(『本の窓』2017年1月号~2018年2月号)

刊行リスト

  • 2018年07月:小学館

小説を買う

前後リスト