#619 十津川警部 郷愁のミステリー・レイルロード

十津川警部 郷愁のミステリー・レイルロード

内容紹介

叔母の葬儀に出席するため、特急「あさま」で小諸に向かった十津川班の北条早苗刑事は驚愕の事態に直面する。 隣りの座席の女が青酸中毒死したのだ。 しかも死の直前、彼女が抱いていた幼児を託されてしまう! 捜査の結果、女は一か月前に事故死した婚約者の実家に子供を見せに行くところだったことが判明。 が、その実家には婚約者を名乗る別の女が先に来ていたのだ!? そして十津川警部に謎の電話が……。 (「特急『あさま』が運ぶ殺意」)他、あまたの短篇作品群から厳選された傑作鉄道ミステリーを四篇収録。

収録リスト

  • 短編:愛と死の飯田線(『別冊小説宝石』1985年爽秋特別号)
  • 短編:特急「あさま」が運ぶ殺意(『小説宝石』1992年7月号)
  • 短編:幻の特急を見た(『オール讀物』1983年5月号)
  • 短編:お座敷列車殺人事件(『オール讀物』1985年5月号)

刊行リスト

  • 2019年03月:徳間書店、トクマ・ノベルズ

小説を買う

前後リスト