#531 天国に近い死体 西村京太郎本格ミステリー傑作選

天国に近い死体 西村京太郎本格ミステリー傑作選

内容紹介

1963年にオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビューした西村氏は、作家生活50周年を迎えた。 この間、江戸川乱歩賞、日本推理作家協会賞、日本ミステリー文学大賞等々を受賞し推理小説界を牽引、大山脈を築き上げた。 本書は、初めて収録される3作品を含め、トリックの妙、本格ミステリーの醍醐味が堪能できる新編集の傑作選、第3弾である。 (徳間文庫オリジナル)

収録リスト

  • 短編:オートレック号の秘密(『別冊小説新潮』1972年冬季号)
  • 短編:謎の組写真(『カメラ毎日』1975年7月号)
  • 短編:超速球150キロの殺人(『小説現代』1979年10月号)
  • 短編:トンネルに消えた…(『問題小説』1978年12月号)
  • 短編:天国に近い死体(『小説サンデー毎日』1976年3月号)
  • 短編:三十億円の期待(『小説サンデー毎日』1970年4月号)
  • 短編:カーフェリーの女(『徳島新聞』1973年6月16日)
  • 短編:鳴門への旅(『徳島新聞』1968年9月1日・9月8日)
  • 短編:グリーン車の楽しみ(『信濃毎日新聞』1981年6月20日)

刊行リスト

  • 2013年12月:徳間書店、徳間文庫

小説を買う

前後リスト