#554 十津川警部 特急「しまかぜ」で行く十五歳の伊勢神宮

十津川警部 特急「しまかぜ」で行く十五歳の伊勢神宮

内容紹介

第二次世界大戦中、野々村雅雄は学徒動員で伊勢神宮を守る任務につく。 十五歳で終戦を迎えた後、東京へ転居し、大学で古代史を教えて生きてきた。 遷宮で沸く伊勢へ七十年ぶりに帰郷し、二人の同級生と再会。 一緒に内宮へ参拝した後、空襲で行方不明になったままの同級生・加藤明のことが話題になる。 野々村は、加藤の最後の姿を語り始めるが……。 悲惨な戦争に翻弄された青春の日々を封印して七十年、久しぶりの帰郷が殺人の惨劇の幕開きに! 難事件に挑む十津川警部の名推理。 長編旅情ミステリー。

収録リスト

  • 長編:十津川警部 特急「しまかぜ」で行く十五歳の伊勢神宮(『web集英社文庫』2014年4月~10月)
  • ※初出時タイトル『十五歳の伊勢神宮』

刊行リスト

  • 2015年03月:集英社
  • 2016年12月:集英社、集英社文庫

小説を買う

前後リスト