#565 十津川警部捜査行 車窓に流れる殺意の風景

十津川警部捜査行 車窓に流れる殺意の風景

内容紹介

東北で悲惨な列車事故が起きる、その予言の背後に怪しげな人物たちが……。 事件の発端は、テレビに出演していた女占師の予言だった。 東北地方のどこかで、列車事故が起きると言うのだ。 さらに週刊誌でも、彼女は事故の予言を続けた。 鉄道会社としては見過ごすわけにはいかない。 鉄道会社の社員は知り合いの十津川警部を訪ねた。 しかし事件が起きていないのだから、警察が動くわけにはいかない。 十津川は部下の刑事にひそかに女占師の周辺を調べさせた。 そこで見えてきた事実は……。

収録リスト

  • 短編:臨時特急を追え(『小説現代』1986年6月号)
  • 短編:東京-旭川殺人ルート(『週刊小説』1998年2月20日号・3月6日号)
  • 短編:夜の殺人者(『別冊小説宝石』1979年9月号)
  • 短編:越前殺意の岬(『週刊小説』1996年1月5日号~1月19日号)

刊行リスト

  • 2015年11月:実業之日本社、ジョイ・ノベルス

小説を買う

前後リスト